不妊治療

不妊にお悩みの方

はじめに

一般に1年間避妊せずに夫婦生活を送ったのに妊娠しない状態を不妊症といいます。

ただし、不妊症のカップルが検査・治療を受けるタイミングを決めるとき、特に大切なのは、次の2点です。

・お二人の検査・治療に対する希望や考え方
・女性の年齢

不妊症の治療は、妊娠の確率を少しでも高くする手段です。たとえ正常なカップルが排卵日に性交渉をもっても、妊娠の確率は100%ではなく、およそ2~3割と推測されています。

不妊症一般治療とART

不妊症の治療は、最終的には、できるだけ良い状態にした卵子に出来るだけよい状態の精子を出会わせること、と言えます。その出会いの方法は、

  • ①タイミング療法(自然の性交渉)
  • ②AIH(人工授精)
  • ③ART(体外受精・顕微授精)

この内、①と②を一般治療と呼び、③とは区別しています。②は①よりも妊娠の確率が必ず高くなりますが、その違いは、精子がそのままの状態で膣に入るか、より良い状態で子宮内に入るか、という点ですので②はかなり自然に近い方法です。③は①・②とは異なり、受精を体外において人の管理下で行わせる方法です。 そのため、自然とは言えませんし、通院の時間的金銭的負担と肉体的精神的負担とリスクを伴いますが、妊娠の確率はかなり高くなります。

当院の特徴

  • 当院は産婦人科一般診療を行っていますが、疾患別で最も多いのは不妊症の患者さんです。
    院長の研究テーマは卵子成熟でした。
  • 院長ひとりで不妊症の診療をしていますので、方針が一定しています。
  • 予約優先で平日午後7時頃まで診療しており、特殊検査・治療以外ではお子さん連れでも受診できます。不妊症専門施設やお産取り扱い施設に比べ、比較的待ち時間が短い傾向です。
  • 基本的には、患者さんの希望を第一優先とし、検査・治療を強制しません。
  • 漢方薬も有用です。院長も処方しますし、漢方で著名な村田高明医師の漢方外来もあります。
    いずれも、保険診療です。
当院での不妊検査・治療

卵管通気検査、精液検査、フーナーテスト、ホルモン検査、排卵日チェック、排卵誘発剤投与、人工授精

 

排卵誘発剤

  • 内服薬
  • 注射薬(自己注射も扱っています)

プライバシーの重視

待合室と診察室を分けることで完全個室の状態で診療を行うことが可能です。
また診察後に安静が必要な場合には完全個室の回復室でゆっくりおくつろぎいただけます。

ご予約・ご相談はお気軽に

からだの不調や痛みで悩んでいませんか? まずはお気軽にご連絡ください

  • tel_042-632-8044.png
  • tel_042-632-8044_sp.png
予約・お問い合わせはお気軽に TEL:042-632-8044(予約優先)